仮想化基盤とクラウド

仮想化基盤はサーバの台数を集約する手段として利用されることが多いですが、計算機を効率よく使うための基盤としても役にたちます。
特に仮想化基盤を利用したプライベートクラウドの構成に利用されることが増えています。



クラウドはインターネット上にあるサービスであり、計算機やファイル容量などさまざまなリソースを時間貸ししてくれます。

特にサーバについてはCPUやメモリなどを細かく設定して時間で利用できるので企業での利用も進んでいます。

しかし、まだまだ外部にデータを出したくないという企業も多いことから、社内でクラウドを構築してクラウドの使いやすさを実現しようとしており、そのために仮想化基盤を利用することが多いです。

BIGLOBEニュース情報探しのサポートをいたします。

プライベートクラウドでは自由にサーバを増減させられます。

サーバはファイルとして設定されており、それにCPUやメモリ、ハードディスクなどを割り当てて使います。
物理的なサーバであれば数日かかることが多いですが、プライベートクラウドなら数分でOSが立ち上がる事になります。



企業では開発環境や各種業務で利用するサーバやパソコンを随時増やしてきていますが、必要がなくなった際の処分が大変であり、また、利用したサーバのバックアップなども問題となっています。

そのため、プライベートクラウドのような必要なときに、必要な分のリソースを割り当てられる環境が重要であり、実現するためには物理的なサーバを集約して利用出来る環境が重要となっています。