仮想化基盤の利用方法

仮想化基盤を利用するとサーバが集約されていきますが、物理的なリソースの集約という機能の他に仮想化基盤にはリソースの再分配という仕事もあります。

従来、物理的なサーバが増える理由は物理的なリソースの再分配が難しかったからです。


CPUの使用率が低いとしても、CPUを分けて利用することはできませんでしたし、ハードディスクにしてもディスク自体を分けることは難しく、ネットワークを使って共有するしかありませんでした。



しかし、仮想化基盤を利用することで物理的なリソースがファイル化され、扱いやすくなりました。
ファイル化はカプセル化とも言われ、仮想的に利用出来る単位になります。仮想化基盤で物理的なリソースがカプセル化されると、必要なときに必要な分を使えることになります。



これはクラウドサービスとほぼ同等であり、企業によってはプライベートクラウドとして仮想化を利用することが増えています。

Yahoo!ニュースにはこちらのサイトが最適です。

クラウドサービスではリソースを分割、必要な分だけ使えることにメリットがありますが、企業においても開発部門だけではなく、運用時点においても必要な分だけ設定することでサーバの利用効率が上がりますし、足りなくなったらいつでも足せることで各種システムの安定運用に繋がっています。
リソースの再分配は仮想化基盤ごとに少々癖があるのですが、使いにくい部分は運用の方針で対応できるレベルであり、どのような仮想化技術を利用しても十分プライベートクラウドとしても利用できると考えられています。